オッズ」タグアーカイブ

ブックメーカー予想を予想する

スポーティンググッズ

ブックメーカーとは、主にスポーツ競技の試合結果を予想して、お客に対してオッズ(倍率)を提示してお客からお金を集めて、オッズに応じて払い戻すことを行う各国公認の賭け屋のことです。

そのブックメーカーは、紳士の国・英国で1800年代に誕生したと言われ、100年以上の歴史を持っています。現在、ブックメーカーはラスベガスや東南アジア(マカオフィリピン)など“ギャンブルのメッカ”と言われる場所でも盛んに行われています。また、1990年代に始まったインターネットの普及によって世界中でオンラインを通じてブックメーカーで遊べる時代が到来しました。有名な一つはウィリアムヒルのブックメーカーです。


ブックメーカーはどのようにして利益を上げるのか?ブックメーカーは、還元率(掛金の総額に対する払い戻しの割合)が約90%と言われています(ブックメーカー各社によって
異なる)。日本の競馬の場合で考えると、この数字が約75%なのでブックメーカーで勝負をしたほうが、勝てる確率は高いと考えられます。じゃあ、ブックメーカーは儲けることはできないんじゃないか?と思ってしまいます。

そこで重要になってくるのが、ブックメーカーは提示するオッズをいかに適正なものにするか?ということになります。実は、各ブックメーカーにはスポーツのオッズを予想する専門家が多数いるのです。

その人たちの長年の経験や目利きによって、オッズが決定しています。このオッズを正確に、かつお客が満足してもらえるように付けることができるかどうかが、ブックメーカーの収益に大きく影響しているのです。

スポーティングベット 2015年マスターズオッズ

大きなスポーツイベントの場合、ブックメーカーは数ヶ月から1年以上前からオッズが発表します。この4月に終わったゴルフのマスターズは、すでに来年(2015年)のオッズが発表されています(写真)。発表されたオッズは日々変化していき、お客との賭けが成立した時点でのオッズがそのお客に対するオッズとして確定します。

ブックメーカー予想の専門家たちは、日々オッズという数字と戦いながらお客とブックメーカーに恩恵がいくように汗を流しているのです。ラスベガスにあるブックメーカーのオッズも実は簡単に決まっているわけではないのです。

試合を見つめるブックメーカー予想の専門家たち